電気工事

建設業の業種29種類のうちの電気工事です。

発電所から送られてきた電気は事業所や各家庭へ電線を通じて送られますが、その過程で必要な設備等の工事となります。


電気工事の内容としては、発電設備、変電設備、送配電設備、構内電機設備等を設置する工事です。
その他工事名を例示すると、照明設備工事、電車線工事、信号設備工事、ネオン装置工事なども電気工事にあたります。

区分を考える際の注意点
・屋根工事の記事にも記述しましたが、太陽光発電設備の設置工事については以下のとおりとなります。
太陽光パネルの設置の工事パターンは、次の2つに大別されます。
それは、屋根置き型と屋根一体型です。
これらのうち、屋根一体型は、太陽光パネルも屋根材に含まれるので屋根工事に該当することになり、屋根置き型は電気工事に該当します。

・機械等設置工事と思われるものでも電気工事に関係するものは「電気工事」となります。




行政書士ランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。